Comment

相手が話を理解したかどうか、脳波を測定すると分かる

日常会話では、我々は1分間に120〜200語のペースで言葉をやりとりしています。我々の脳は、それだけのスピードの音声信号をリアルタイムに処理し、言葉としてとらえた上で、意味を理解するという仕事をしています。

研究により、ある特定の脳波を測定することで、会話の聞き手が聞いた話の内容を理解したかどうかを判定できることが分かりました。
人は、聞いている単語の前後のつながりの類似性を高速で計算しながら聞いています。例えば「今日のお昼の天気は晴れです」という文の場合、「お昼」の「今日」に対する類似性や、「天気」の「お昼」に対する類似性のように、後にある単語が前の単語にどれくらいの類似性があるかという関連性です。

この研究では、音声を時間反転したものを被験者に聞かせたり、複数の人が同時に話をしている中である特定の人の声を聞くなどの状況での被験者の脳波データを分析しました。
すると、聞いた音声を被験者が理解しているときには発生し、理解していないときや音声に注意を払っていないときには発生しない脳波があることが分かりました。

この研究結果は、子供の言語発達の度合いを調べたり、航空管制官など正確で迅速な対応が求められる仕事をしている人が指示を理解しているかどうかを判定することや、高齢者の会話の理解度の検査などに使えるかもしれないと、研究者は述べています。

Add a comment

Email again: