Comment

ヘッドフォンやイヤフォンで50%の音量で1日1時間音楽を聴くと、若者の聴覚に悪影響を及ぼす可能性があることが報告された

耳を守るために、1日あたり最大70デシベルまでと推奨されているが、そのレベル以上に音量を上げて音楽を聴いている若者も多い。

第180回米国音響学会(Acoustical Society of America)で、大きな音を聴き続けることの危険性が改めて発表された。
パーソナルオーディオシステムを用いて音楽を聴くことが多い若者以外にも、交通機関の騒音、家電製品の音、電動工具、娯楽(スポーツイベント、映画、パーティーなど)により我々は日々騒音にさらされている。

米国疾病対策予防センターは、20~69歳の米国成人のほぼ25%が騒音性難聴であると2017年に報告している。
後天性の難聴は、コミュニケーションが難しくなり、社会的な孤立、転倒や事故のリスクの増加、そして晩年の認知症などの健康合併症と関連している。

聴覚の健康リスクは、パーソナルオーディオシステムを5年間にわたって1日1時間以上、50%以上の音量で使用している人が最も高いとされる。

研究者は、パーソナルオーディオシステムで再生する音量の基準・制限を設けることや、人々への教育の必要性を説いている。

Add a comment

Email again: