Rice Universityでは、DARPAからの$18M(約20億円)の研究資金で、光と磁気を使って神経活動を読み書きする技術を開発中

Rice UniversityのJacob Robinson准教授が率いる研究室は、アメリカ国防総省の機関DARPAが推進している非侵襲BMIのプログラム、通称N3に選ばれ$18Mの資金提供を受けている。
手術をすることなく、光と磁気を使って神経活動を読み書きする技術を4年以内に開発することを目標としている。
続きを読む

ALSの治療薬を開発するAmylyx Pharmaceuticalが$14.8Mを調達して総調達額は$24.2M(約26億円)に

ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis, 筋萎縮性側索硬化症)は、脳から筋肉に信号を伝える運動神経が変性し、機能しなくなることによって、意識ははっきりしているのに体が動かせず、麻痺・呼吸困難などになる病気である。
ALSに対する根本的な治療法は現在存在しない。
続きを読む

Archive